サウンド♪スリープ

Regular price ¥4,000

Tax included.

5G時代の電磁波軽減シートサウンド♪スリープ 

「サウンド♪スリープ」は電子機器の放射ノイズを抑制する誰にでも簡単に使える電磁波吸収シート(EMC対策製品)。

 

 【ご使用方法】

電磁波を吸収し、サウンド♪スリープの使用法はカンタン!

✔︎ 枕の下・カバーの中に

✔︎ そのまま切って電子レンジの上に

✔︎ 効果が大きいのは切ってWifiルーターの下と上に

✔︎ ハンドバックやランドセルの中にそのままでもOK

✔︎ パソコンやゲームの下

✔︎ 切って帽子の中に

✔︎ 長時間のパソコン作業は小さく切って頭にピンで留める

✔︎ ピアノの上、下、またはそのまま蓋の中に

✔︎ 切ってギターや楽器の中に

✔︎ ダイニングテーブルの下にラップで薄く包んでテープで留めると声が届きやすく

✔︎ キッチンは電気器具が多いので見えないすきまに立てかけたり

✔︎ 机の上・電話の下・TVの下・ライトの下・etc

 

電磁波を特殊技術で吸収し、別の熱エネルギー(熱くなりません)に変換します。

サウンド♪スリープ=熟睡は、電子機器の放射ノイズも抑制する、柔軟で加工性に優れている耐水難燃性電磁波吸収シート(EMC対策製品)です。


EMC(電磁両立性)とはEMI(電磁妨害問題)とEMS(電磁妨害感受性問題)を両立させることです。


 

【ご注文方法】


1・下のプルダウンより、ご注文の地域を選ぶ

2・お買い物カゴに追加、または決済方法をクリック

3・決済ページへ進む

4・お客様情報の入力

5・決済完了後、ご注文確定となります


商品詳細・発送については下の説明欄をご覧ください。

※ クレジットカードエラーが生じた際や銀行振込をご希望の場合はLINEよりお申し付けください。(► 公式LINEはこちら


【商品詳細】


仕様:吸電シート
サイズ:(幅×長さ×厚さ)315 × 480 ×2.5 mm
●耐熱温度:107
重量:45g 
色:黒

推奨取付箇所:各家庭用電子機器、各種ケーブル、寝室(枕下)、スマホ・パソコンの裏、Wifiルーター、楽器等



【発送について】

配送方法:

日本からのご注文はヤマト運輸 海外からのご注文は郵便(またはDHL)

配送日について:
日本への発送は週に一度、木曜日に発送させていただきます。 火曜日までのご注文分は、木曜日発送となります。

発送までの期間:
4~6日間

配送料:
日本国内一律 500円

 ドイツ 650円 ヨーロッパ 1.180円 イギリス 1.690円 オーストラリア 1.980円 アメリカ/ カナダ 2.350円

その他海外 2.350円


追跡番号について:
海外への発送は追跡番号がつきません。
紛失等の責任は負い兼ねますので、追跡つきの郵便をご希望の場合は、別途PayPalにてお支払いをお願いします。

ご希望の場合はLINEよりお申し付けください。(► 公式LINEはこちら

 

【開発ストーリー】

電子化が進む近年、自動車、家庭用電子機器、パソコン、スマホ・・・私たちの生活は電磁波に囲まれています。


その電磁ノイズ問題を減らす目的でサウンドテック高橋電気からピュアポイントが生まれ、車用・部屋用・ボディ用と進化してまいりました。


サウンドテック高橋電気は日本で一番初めにカーステレオのショップをオープンし近年「リッツコーポレーション」にとしてこれまで3000台以上の自動車・さらに公立小学校や公共設備・音楽ホール等の磁場調整も行ってきました。


『人と電気的環境の調和を』目指し、生きづらさが改善されたという結果がユーザーさんから多数報告されています。顧客の方々には日本全国からだけでなく海外のクラッシック音楽家の方も。理由は簡単。楽器も磁場調整することによって音の響きが心地よく変わるからです。


EMC対策製品であるサウンド♪スリープは、睡眠中のみなさまの脳を電磁波から守ります。ぜひ朝の目覚め感の違いを実感してみてください。


そして大人が責任をもって成長期のお子さんの脳をしっかり休ませてあげることこそが、このサウンド♪スリープが完成した1番の目的なのです。

 

メディアでの紹介例はこちら



【製造元】

サウンドテック高橋電機・(株)リッツコーポレーション

所在地:〒323-0822 栃木県小山市駅南町3-14-22
代表者:高橋昭
電話番号:0285-27-2596




各受賞歴:

平成27年 栃木県優良デザイン商品
とちぎデザイン大賞優良賞受賞
関東経済産業局長「地域産業資源活用事業計画」認定
関東農政局長「地域産業資源活用事業計画」認定
下野市「ふるさと納税返礼品」選定
栃木県知事より「経営革新計画」の承認



共同開発者:

宇都宮大学 長谷川教授
獨協大学教授 黒木先生